PC版トリックスターのあらすじ


みみとしっぽ

 

召喚士のみなさん、こんにちわ!

さて、みなさんは「トリックスター 召喚士になりたい」のアプリをダウンロードする時、この画像を見ませんでしたか?

screen480x480

そうなんです。実は召喚士になりたいはオンラインMMORPG

「みみとしっぽの大冒険 トリックスター」

2

世界観を引き継いだ作品なのです!

そして今回はPC版プレイアブルキャラの登場が決まったということで、PC版がどんなものだったかのあらすじを紹介しますね!


ドン・カバリアドン・カバリアは世界屈指の巨大企業メガロカンパニーの会長。
メガロカンパニーの主要業務はゲーム製作で、ジャンルを問わず様々なゲームを数多く作り出し、常にミリオンセラーを記録するメガヒットゲーム会社として有名でした。
「トリックスター」も最初はコンシューマーゲームとして作られたものです。
カバリア島しかし彼が太平洋の島を買い取ったことから事態は一変!
「バーチャルゲームプロジェクト」
つまり自ら製作した仮想現実RPGゲーム「トリックスター」の内容を、そのままリアルに体現できるテーマパークを作る計画が公開されました。

そして彼は会長権限で強引に企画を押し通し、自ら指揮をとり、ゲームで築いたすべての財産を費やして、カバリア島のテーマパークを築きました。
しかし、ドン・カバリアは「バーチャルゲーム トリックスター開始のお知らせ」を遺して亡くなってしまいました。
カバリア島その後、テーマパークにその莫大な遺産が隠されており、ゲームをクリアして財産を見つけた者にすべてを譲ると書かれた遺言が発表され、参加者達が集まりました。
遺産を探すにはゲームに登場するキャラクターに仮装して入場しなければなりません。
こうして、この「カバリア島」を舞台に、多くの冒険者達によるドン・カバリアの遺産をめぐる様々な冒険が始まったのです。


というのがPC版のトリックスターのあらすじでした!

参加者はみんな仮装をしないといけないルールがあるので、みんなみみとしっぽをつけていて動物の仮装がとても可愛いです!

ちなみに召喚士のみなさんがよく知っているメイドアンジェエイルシズロッテはPC版からすでに活躍していたんですよ~!

タイトルも「トリックスター」→「トリックスター+」→「トリックスター0」と来て、最後はまた「トリックスター」に戻って、合計で8年も続いたオンラインゲームなんです!

それだけ多くの人たちに愛されていたということなんですね。

login_20131122

こちら、PC版最後のログイン画面背景です!思い出すとまだ泣けます!

そんなPC版にも負けないよう、

これからも「トリックスター 召喚士になりたい」を

よろしくおねがいしますね! 召喚士さん!

⇒iOSダウンロード
⇒Google playダウンロード

“PC版トリックスターのあらすじ”の続きを読む